豊栄建設株式会社

注文住宅を札幌市など北海道・宮城県で建てるなら豊栄建設株式会社。自由設計の住まいで、自分らしさを表現する家づくりをご提案いたします。

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

札幌に注文住宅を建てる際には事前にしっかりとしたイメージを持って建てる必要があります。間取りに配慮することは勿論のことですが、室内側に関しては収納スペースを十分に確保することを念頭に置くことも良い方法です。収納部分では現在ではウォークインクローゼットなどが主流となりつつあるので、住宅内のどの位置に設置するのかを計画的に判断することも大切です。注文住宅の場合では住宅の形状そのものを自由に設定することができます。札幌の場合では、三角屋根を使って雪がスムーズに落下させることをイメージする方法、もう一つの方法では無落雪の屋根に設定する方法もあります。この屋根の形状によって隣接している住宅との境界部分が大きく変わってくることも事実になるので、落雪に関しては、土地や敷地の状態を見極めながら建てることが必須要件です。札幌の注文住宅では断熱性能に配慮する必要もあります。窓を広く設けることを希望していて、日差しを多く取り入れることを行う方もいますが、断熱窓を使うことも基本的なことです。
Tagged on: , 豊栄建設株式会社