昭和住宅

名古屋エリアから価値の高い物件をご案内致します。【昭和住宅アセット事業部】のアパート経営。

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

副収入を得るためや老後の生活のために名古屋でアパート経営をしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。では、もし名古屋でアパート経営をするなら、新築と中古はどちらの方がお得なのでしょうか。 新築アパートは最新の技術を用いて建てられていることもあり、頑丈で耐震性にも優れていることが多いです。そのため、中古アパートよりも長く運営することができます。また、当然のことながら綺麗で設備も最新ですので、入居者が見つかりやすいというメリットもあります。しかしながら、やはり購入価格が高くなってしまうことが難点です。 一方で、中古アパートは新築アパートと比べて、低価格で購入できることが最大のメリットになります。さらに、購入する前にこれまでの入居実績を確認したうえで購入するかどうか決めることが可能です。ただ、デザインが古すぎたり、老朽化が進んでいると、修繕のための費用がかかる場合もあります。 このように、新築アパートと中古アパートのどちらにもそれぞれメリットとデメリットがあり、どちらがお得かということは一概には言えません。名古屋でアパート経営を成功させるためには、慎重に物件を選ぶことが非常に重要になります。
Tagged on: , 昭和住宅