昭和住宅

福岡エリアから価値の高い物件をご案内致します。【昭和住宅アセット事業部】のアパート経営。

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

福岡は九州で一番の大都市であり、人口も毎年増え続けています。数多くの大学や企業があるので、市外からの転移者も多く、単身世帯向けのアパートに対する需要は非常に大きいです。また、大学進学の際にアパートに引っ越してきて、そのまま住み続ける人も多いので、長期的な家賃収入を見込むことができます。福岡でのアパート経営は、非常の効果的ですが、失敗がまったくないわけではありません。 アパートを経営するためには、建物を建築するだけではなく、その後の運営も必要になります。アパートの共有部分の光熱費や固定資産税などは、定期的に支払う必要があります。また、何かの原因で建物が損傷した場合、修繕費を支払う必要があります。また、管理人や警備員を雇用するなら、毎月給料を支払わなければなりません。 アパート経営でありがちな失敗は、アパート建設に必要な初期資本だけを考慮して、運転資金の必要性を視野に入れていないことです。家賃収入を得るには、アパート建設後、少し時間がかかる可能性はあります。アパート経営をする時には、初期資本だけではなく運転資金もある程度準備しておいた方が、安心です。
Tagged on: , 昭和住宅