株式会社日本エウレカ

鮮度維持装置のDENBA+など世界初の空間静電波技術を搭載した、独自特許技術のDENBA(EUREKA) technologyで鮮度を保持し、ロス率軽減で美味しさそのままに保ちます。鮮度保持については日本エウレカへ。

食品の関連情報

食品(しょくひん、食べ物、独: Lebensmittel、羅: alimentum)は、人間が食事で摂取する物。最初の食品は母乳。地域や時代において広く用いられる食品として、ペミカンや缶詰が挙げられる。食品と同義であり明確な線引はないが、肉類や野菜類、果実類など主食品以外の食べ物品目、または調理前の食品を食料品(しょくりょうひん)とすることもある。 人間は生きるために、食品を食べて栄養素の摂取している。医療を目的としたものは薬とよび、食品と区別される事が多いが、薬とは定義されない健康食品と呼ばれるものもある。 生物は食品を味わうことは快楽になるので、嗜好品としての要素もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

近年になって鮮度維持装置による冷凍技術が注目を集めています。一般に食材を長期間保存したいと考えている場合には凍らせて長期保存をするが一般的です。一般家庭でもそのような目的で冷凍庫を利用していますが、この技術には一つ問題があります。それは凍結の過程で食材の細胞を破壊してしまうケースがあり、解凍した際の食材の劣化が発生するという問題です。この問題があるために長期保存することが出来る一方で味わいが落ちるという問題が発生してしまうのです。 この問題を解決するための方策として鮮度維持装置が非常に画期的な技術であると考えられています。この技術を用いることにより、細胞を壊すことなく凍結させることが出来る技術が盛り込まれており、食材を劣化させること無く長期間の保存を可能にしているのです。家庭用の冷凍庫とは全く違う業務用の高性能な技術として、食材の長期間の鮮度維持と保存を可能にする鮮度維持装置が活躍しているのです。
Tagged on: , 株式会社日本エウレカ