アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

私たちの身の回りには、日本語になっているフランス語が色々あります。例えば、クロワッサンはバターをパン生地に練り込んで焼いたパンですが、フランス語の三日月が語源といわれています。クロワッサンの形が三日月に見えることからその名前が付いたといわれています。 それからカフェも元々はフランス語で、コーヒーという意味がありました。その後、ヨーロッパにあるコーヒーを出す飲食店を指すようになったとされています。現在でもフランスには、沢山のカフェがあります。日本でも東京を始めとして全国各地にカフェが存在しています。 その他には、シェフやソムリエといったフランス料理に関わりのある言葉もあります。シェフは厨房で料理を統括する料理長のことをいいます。フランス語ではチーフやリーダーという意味があるので、その厨房で最も地位が高い人にしか使われません。一方、英語にもシェフという言葉がありますが、こちらは全ての料理人に対して使用されるものです。
Tagged on: , アテネ・フランセ