京生麩のお店 愛麩

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本国政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

近年人気が高まっている伝統食材、生麩をご存じでしょうか。特に京都で伝統的に作られ、お店でも販売されている京生麩はヘルシーでしかも和スイーツとの相性も抜群とあって、若い女性を中心に非常に愛されています。近年注目されている京生麩ですが、これ自体は最近の食材ではありません。ルーツは鎌倉時代の禅宗の僧侶達の精進料理にあると言われています。戒律上、肉や魚を食べてはならなかった僧侶達が編み出した食材、調理法であり、本来は肉などの代用品として生み出されたものです。京生麩の製法は意外とシンプルで、小麦粉ともち粉、そして水から作られています。小麦粉というと炭水化物ですから、糖質制限などを行っている方はカロリーなどを気にしがちでしょう。しかし、生麩に使用されている小麦粉は、糖質であるでんぷんを分離させた残りである小麦グルテンを使用しています。もちろん、もち粉の分の糖質はありますが、糖質をかなりカットしながらも白玉だんごや葛餅のようなもちもちした食感が得られるとあって、スイーツへの利用が盛んになってきました。たとえば、こしあん・つぶあんなどを生麩で包むことによって、水饅頭のようなもちもちした食感になりますし、抹茶あんみつのような定番おやつの具材として京生麩を使えば、上品なスイーツへと早変わりします。他にもアレンジレシピは様々あります。お店によって様々なレシピが日々考案されていますので、甘味処やレストランなどを京生麩目当てに歩き回っているのもいいかもしれません。ではそんな注目食材の京生麩ですが、普通に購入することはできるのでしょうか。注目され始めたばかりということもあってなかなか取り扱っているお店は少ないですが、現在はインターネットの通販サイトや、少ないですが実店舗での扱いも増えているようです。もし見かけたら、その時がチャンスかもしれません。食事に、そしてスイーツにもなる美味しい生麩をぜひ手に取ってみてください。
Tagged on: , 京生麩のお店 愛麩