Berry&Rose

人毛の医療用ウィッグはBerry&Roseへ。抗がん剤治療中や円形脱毛症患者さんに、高品質人毛100%バージンヘアを使用したおしゃれな医療用かつらを販売しています。既製品の他にもオーダーウィッグも取り扱っております。かつらを使う人と同じ目線で、的確にアドバイス。

の関連情報

かつら、カツラ(桂、葛、鬘)
※テキストはWikipedia より引用しています。

ある日突然病気になり、抗がん剤などの副作用で脱毛する可能性があると主治医にいわれたら、かなりショックを受けるけどその時がウィッグを準備し始めるタイミングかもしれません。 以前は、病気による脱毛にはニットキャプやバンダナで対応しているイメージが強く、頭頂部は隠せていますが、側頭部や後頭部は隠しきれない状態でした。ところが、最近は品質も高くアレンジしやすい医療用ウィッグがたくさん増え、専門店に行かなくてもインターネットで購入できる時代になりました。 2015年以降に導入されたJIS規格により、医療用ウィッグは風になびく感じや指通りなど細かい部分まで脱毛する前の地毛に近い感覚まで品質が向上しました。 医療用ウィッグにおしゃれなバリエーションが増えたおかげで、病気が原因で脱毛してつらい時に頭を隠すためのものから、病気でつらい時でもおしゃれが楽しめるアイテムになりました。気分的におしゃれして、明るく過ごすためにも自分の好みの医療用ウィッグを選ぶことはかなり重要です。無料試着もありがたいサービスですね。着用する人の輪郭や好みなどを伝えて、長さ・カール・カラーの調整をお願いしてみるのもいいですね。 医療用ウィッグを購入する時は、すぐに型崩れしたり、頭皮がかぶれたりすることもあるので、まず品質と安全性を重視することをお薦めします。安心して病気の治療に専念できる環境を守るためにも大切なポイントですね。ウィッグについて素人の私たちが、判断する時の参考になるのが、Med・ウィッグマークです。JIS規格のの一種で、この規格の厳しいガイドラインをクリアできている医療用ウィッグを販売している販売店に表示が認められている適合マークです。 そして、もう一つウィッグ購入時に準備しておきたいのが、専用のケアグッズ。自分の髪の毛の手入れと同じようにウィッグのお手入れも大事です。 気に入った大切なウィッグこそ大事にして、病気が治った後もおしゃれウィッグとして活躍してもらうのもアイディアの一つですね。
Tagged on: , Berry&Rose