タクミカル

入間市の注文住宅は熟練した大工職人が集まる工務店「株式会社タクミカル」にお任せ下さい。リフォーム、注文住宅、ハーフビルドなど、お客様の様々なご要望にも対応いたします。現場で家を建てる大工と一緒に、お客様が理想とする家を建てましょう!

住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

注文住宅を建てるにしても、お金は必要です。それはハウスメーカーも工務店も同じです。ただハウスメーカーの場合は、自分の希望に沿う住宅を建てる為には、まとまった予算が必要な事もあります。ですが工務店の場合は、限られた予算でも問題ないケースも多いです。それが理由で、工務店が選ばれるケースも多々あります。どういう事かというと、そもそも住宅作りの予算には限界があります。限界を超えて住宅を作ろうとしても、もちろん無理があります。ハウスメーカーによる住宅ですと、その予算の壁にぶつかってしまうケースも多いです。例えば現在自分達が自由に使える予算は、1500万円であるとします。住宅ローンを組んでも、最大1500万円です。そしてある日に、ハウスメーカーに相談してみました。それでハウスメーカーに自分達の要望を伝えてみたところ、希望通りの住宅を作るのは難しいと言われてしまいました。1500万円では足りないからです。しかし工務店の場合は、また話が変わってきます。たとえ上記の1500万円のような予算上限があっても、柔軟に対応してくれる事も多いです。というのも工務店は、住宅を作る為に色々工夫してくれます。早い段階で「予算は1500万円です」と伝えておけば、その範囲内でやり繰りしてくれる訳です。色々工夫を凝らしてみた結果、結局は自分達が考えていた住宅を作れるケースも、多々あります。工務店のメリットは、比較的柔軟に対応してくれる点です。ハウスメーカーには色々な規制があるので、上述のように1500万円では予算オーバーになってしまうケースもあります。しかし工務店は、ハウスメーカーのように細かい規制はありません。比較的柔軟に住宅を作れる事も多いです。それにメリットを感じて、メーカーでなく工務店に依頼している方も多いです。ただ工務店も色々あります。各業者はそれぞれ得意分野や強みも異なりますし、よく比較して工務店を選ぶと良いでしょう。
Tagged on: , タクミカル