足立区(東京都) 住宅・アパート・マンションの解体工事なら 棟信産業

東京都足立区にある棟信産業は解体工事のプロフェッショナルです。木造の住宅、鉄骨造のアパートやマンションの解体はお任せください。店舗等の内装の解体、ブロック塀や土間等の外構解体も承ります。不要品回収と廃棄物処理もOK!(東京・神奈川・千葉・埼玉など)

解体の関連情報

解体(かいたい)とは、ばらばらにすること。解体される対象によってさまざまな意味を持つ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

解体業者に申し込みしてから工事完了までの流れは、数段階に渡ります。まず1段階目は、解体業者への連絡です。電話やWebの相談フォームなどの方法で、まず業者とコンタクトを取る訳です。その際、訪問日時の打ち合わせが行われます。なぜ日時を確認するかと言うと、訪問調査が行われるからです。解体料金を正確に算出するためにも、まずは現場の状況を確認する必要があるので、業者が訪問することになります。2段階目は、その訪問調査です。解体業者の担当者が現場に来て、状況を目視確認します。そして3段階目は、解体業者からの見積もり提示です。たいていの解体業者は、見積もりに関する書類も発行してくれます。その書類には工事料金の詳細も書かれていますから、よく確認しておくと良いでしょう。複数社から見積もり書を出してもらい、各社を比較している方も多いです。4段階目は、その見積書に対する判断です。掲示された見積もり内容で問題なければ、工事を正式依頼します。逆に何か問題があれば、お断りにする事も可能です。工事を依頼するかどうかは、依頼主本人が決める事になります。5段階目は、工事当日の挨拶です。解体工事を行いますと、近所にホコリなどが飛散してしまう事があります。トラブルが生じるのを防ぐためにも、多くの業者は挨拶してくれる訳です。その際、依頼主本人も近所に挨拶しておく方が無難です。そして6段階目は、工事の実作業になります。たいていは、まず足場組みから始まります。階層が高い物件の場合は、足場を組まないと高所作業が困難だからです。足場を組んだ後は、所定の手順で建物を解体していきます。たいていは内装部分から解体した後に、建物の本体部分も解体していきます。一通り解体作業が完了したら、廃材の回収が行われます。そして地面の中に何か有害な物が含まれていないかを確認して、整地作業を行います。一通り作業が完了したら、必ず依頼主本人に現場の状況を最終確認してもらい、問題なければ解体工事は完了です。
Tagged on: , 足立区(東京都) 住宅・アパート・マンションの解体工事なら 棟信産業