インポートウェディングドレスのレンタル、販売ならフルールドリス

プロノビアスなどのインポートウェディングドレスのレンタル・販売はフルールドリス。プロノビアス(PRONOVIAS)、ジャスティンアレクサンダー他有名ブランドのウェディングドレスをリーズナブルな価格でレンタル・販売を行っております。タキシードもレンタルしております。

洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

女性ならば誰もが一度は憧れたことがある衣装が、ウェディングドレスではないでしょうか。女性が最も輝く瞬間の一つであり、ドレスを着ることが夢だという人も少なくはありません。いざ結婚式を挙げる時には式場選びから始めるというカップルが大半ですが、その際に考えておかなくてはならないのがウェディングドレスはレンタルにするか購入するかという点です。近年では一度きりということからレンタルを選ぶ人が多く、近年の結婚式場はプランの中にドレスのレンタルも含まれているものが多いです。その際には、プラン内の料金で納得できるドレスがあるのかや、小物類も含まれているのかも確認しておくようにするべきです。結婚式場が提携しているレンタルショップでは、納得できるドレスがないとなれば、自ら外部のショップから持ち込むことになります。持ち込みとなれば、持ち込み料が別途発生してしまい、イメージよりも高額な無駄な出費となることもあるので気をつけましょう。レンタルではなく購入する場合でも、持ち込み料として必要になるので気をつけなくてはなりません。衣装は結婚式に必要なトータル費用の中でも、大きな金額となるからこそ事前にチェックしておくことが大切です。持ち込みにするのか、結婚式場が提携しているショップで借りるプランの方がお得なのかも比較してみるようにしましょう。どのようなデザインのドレスがあるのかや、小物はレンタルや購入するといくら必要になるのかなど、細かな点までチェックしておくべきです。ウェディングドレス自体がリーズナブルでも、オプションが高額となれば結局高額な出費になってしまいかねません。もちろん、人生で一度きりのビッグイベントということも考えると、金銭面の問題だけで判断するべきではないことは明らかです。人それぞれ似合うドレスと好みのドレスには違いがあるので、一人で決めるのではなく身近な人や、ドレスショップのプロのスタッフの意見も参考にするべきです。
Tagged on: , インポートウェディングドレスのレンタル、販売ならフルールドリス