Faree

ブライダル業界のセミナーは「Faree」へどうぞ。フリーランスとして活躍するウェディングプランナーやカメラマン、フォトグラファーのために作られた少人数勉強会。サービスを適正価格で提供するための知識や集客方法をわかりやすく説明します。

ブライダルの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚式を行う場合、たいてい数十万円台の費用がかかります。ゲストの参加人数が多ければ、新郎新婦に対する負担額も少なくなる事が多いです。ゲストからご祝儀が入ってくるからです。ですがご祝儀があっても、結局は数十万円ほど負担する事にはなります。ですから結婚を検討している方々は、その費用を心配しているケースも少なくありません。ですが色々な所に相談してみると、実際には思ったほど費用がかからないケースも多々あります。様々な制度などは、上手く活用してみると良いでしょう。なぜなら結婚式には補助金があります。あまり知られていませんが、自治体によっては挙式したカップルに対する補助金を採用している事があります。実際ある自治体には、新生活支援で30万円ほど負担してくれる制度があります。しかもその費用は、結婚式の料金だけではありません。結婚に伴う引っ越し代や家賃なども、自治体が負担してくれる訳です。ただし自治体による補助金には条件が複数あります。その1つは年齢です。新郎新婦はどちらも34歳以下でなければなりません。また所得に関する制限もあって、340万円以下のカップルのみ対象になります。ちなみに新郎と新婦の両方の収入を合算した分で計算されます。新郎の分だけではありませんから、注意が必要です。しかし条件を満たしていれば、30万円ほど負担してくれる自治体もある訳です。ブライダルの費用が気になる時には、役所に相談してみると良いでしょう。それでも難しい時は、銀行に相談してみる方法もあります。銀行によっては、お金を立て替えてくれるからです。現にある地方銀行は、3ヶ月無利息のサービスを提供しています。ローンを組むことになる訳ですが、最大3ヶ月分は無金利で借りる事ができます。しかも銀行ですから、金利もかなり低めに設定されています。ですから自治体や金融機関に相談してみれば、ブライダルの費用は捻出できるケースも多いです。費用が気になる時は、遠慮なく相談してみると良いでしょう。
Tagged on: , Faree