わかば相続相談センター

わかば相続相談センターは、町田、相模原、厚木や麻生区(川崎市)を中心に、相続に関するご相談に専門家が親切丁寧に対応致します。わかばグループの経験豊富な税理士、行政書士、社会保険労務士、フィナンシャルプランナー等が手厚いサポートを約束いたします。

税理士の関連情報

税理士(ぜいりし)は、税理士法に定める税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付される。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅の規模は、物件によって異なります。大規模な物件もあれば、そこまで規模が大きくない物件もある訳ですが、後者の物件の相続を検討している方も少なくありません。ただ規模が小さいといっても、物件によってはそれなりの価格になる事はあります。そもそも不動産物件は、全体的に販売価格も高めです。全体的に数千万円の物件が多いですが、中には1億円を超えるような物件もあります。小規模といっても、それなりに価格が高めな物件もある訳ですが、その分税金も高めになる事が多いです。税金は、物件の評価額との相関関係があります。評価額が高めな物件であれば、それだけ多くの税金が発生する訳です。4000万円の物件と比べれば、8000万円の物件の方が相続税も大きくなります。その税金の金額を気にしている方も、少なくありません。ところで多くの方々は、税金に関して専門家に相談しています。税金の計算が複雑な時などは、専門家に相談する方が良い事も多いです。計算が複雑ですと、税金の金額を間違えてしまう可能性もあるので、基本的には専門家に相談する方が無難です。上述の土地物件に関する計算は、その一例になります。税理士に相談しますと、実は特例が発生します。上述の小規模な物件に限り、税理士に相談した時には税金が低めになる制度があるからです。基本的には、80%は控除される仕組みになっています。ですから上述の8000万円の物件であれば、6400万円分は控除されますから、実質的には1600万円分の相続税で問題ありません。ただその特例には1つハードルがあって、要件があります。指定の要件を満たしていなければ、相続の控除を受ける事はできませんから、8000万円分の相続税を支払う事になってしまいます。ですが税理士は、税金に関する専門知識があります。その要件に関するサポートを受ける事もできますから、小規模物件の税額が気になる時は、税理士に相談してみるのがおすすめです。
Tagged on: , わかば相続相談センター