大雄山セントラルクリニック

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

腎臓が悪くなるとあらゆる意味で命にかかわってくるのですが人工透析ということを行うことができるのであれば末期であろうとも意外とどうにかなることになります。人工透析というのは自分の腹膜を使って行なったり病院に行って機械に血液を濾過してもらうように行ったりと方法が二つあるので状況に合わせて選択をしなければならないということにはなるのですが、それでも基本的にはそれをすれば腎臓が極端に悪くなっても死ぬことがなくなるという点においては極めてありがたいことであると言えるでしょう。腹膜透析と血液透析のどちらを選ぶのかということになるわけですが、現役世代の人は腹膜透析を選ぶということがほとんどです。これは自宅で行うことができるようになります。腹膜透析ではなく血液透析ということになりますと病院に通わなければならないということになります。血液透析の場合、週三程度で病院に通うことになりますから、はっきり言って社会活動にものすごく制限がかかるということになり、普通に労働をするということが厳しくなってくると言えるでしょう。もちろん、透析をしながらでもしっかりと社会活動をしている人はたくさんいるわけですから、それは腹膜透析を選択しているから出来るという事の方が多いです。フリーランスで働いているとか自分なりに労働時間を決めることができたり仕事の多寡なども含めて自分で決めてしまうことができるというのであれば、血液透析でもやりながら仕事をしたりということはできるでしょうが3日に1回ぐらいは通うということになりますのでさすがに普通の会社に通勤して勤めるというのは厳しくなってしまうのが現実です。しかし、それでもしないと死んでしまうわけですし、腹膜透析という選択肢があるというのもまた事実ですからそちらを選択すれば普通に労働をするということもできなくはないという医療になっています。人工透析がいろいろな人を救っていることは確かです。
Tagged on: , 大雄山セントラルクリニック