松山漢方相談薬局

横浜の漢方相談薬局なら「松山漢方相談薬局」桜木町店・鶴見店へどうぞ。漢方という医術を駆使し、お客様ひとり一人の体力レベルに応じた最適な治療法をご提案致します。日本の規格試験に合格した良質で安心・安全な漢方薬を使用。お気軽にご相談ください。

ダイエットの関連情報

ダイエット(diet)とは、規定食という意味である。 人や動物や共同体が習慣的に摂る食品のこと。 食事療法: 健康のため、美容のため、肥満の防止(や解消)のため、食事を制限すること。ダイエットは体重を目安にするが、 健康体重、標準体重、理想体重、目標体重、美容体重、モデル体重と、いろいろな指標がある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

女性の症状に多い冷え性の悩みですが、永遠のテーマになっている人もたくさんいます。特に日常生活において冷え性になりやすい人が、基礎代謝が低く運動不足など代謝不足となっている人も確認されます。それらを治していくためには漢方を使うことも一つの方法で、冷え性の改善のためにはただ体を温めればいいだけではありません。冷え性などの症状には経験からくるアドバイスもありますが、原因としては人それぞれ違いがあるものの、むやみに温めてしまうと気分が悪くなったりして逆効果になる人もいます。もちろん体の熱を作り出さなければいけない人には温めることは効果的ですが、それを判断することは専門家に任せることも大事です。その他にも体の熱が不足している人の場合、低体温症の疑いもあり比較的身体が弱い人に多く、子供の頃から虚弱体質や疲労感が取れなかったり、胃腸の弱い人にも多くいます。中には後天的なことだと無理なダイエットをしたことによって、熱が発生するのを抑えられている人もいるためカウンセリングによってわかることもあります。血流が悪いことで熱が行き届かない人もいますし、体自体はしっかりと温まるのですが血液の巡りが悪いために手足や末端などに血液が行きにくく、特に下半身など心臓から遠い部位が冷えやすくなる人もいます。これらの原因を考慮して漢方を取って行くことを考えれば、薬局へ行って相談することも 大事になります。体の内部から温めていくために代表的な漢方薬では、八味地黄丸などがあり体を温めることによって、冷え性を改善することができます。漢方薬局などで取り扱っていますが、初めての人はカウンセリングで何が足りないのか、食事からのアドバイスも聞いておくことです。食事からのアドバイスではしょうがなどの食材を使ったり、お腹を刺激しすぎないように唐辛子なども少しずつ使っていくことで冷え性が改善する方向になっていくことがわかっています。
Tagged on: , 松山漢方相談薬局