近藤会計事務所

小田原の税理士なら近藤会計事務所。相続手続きもお任せ下さい。3人の税理士が33年の実績と経験で相続税や不動産賃貸に関するお手伝いをいたします。まずはじっくりとお話をお聞かせ下さい。最善の解決策を一緒に考えます。

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

相続といえば、『遺産相続』『遺言』などを真っ先にイメージできるのではないでしょうか。遺言の持つ意味は、相続のトラブル防止に必要だという話です。経済面で豊かになったこともきっかけでしょうが、財産の相続争いも少なくはなく、故人にとってもトラブルを防ぐには遺言を作成しておくことが良いと判断してのことのようです。遺言で、子供の認知など血縁者の身分についても本人の最終意思を明確にすることができます。ですから、たとえ話として、本来相続権を持たない内縁の奥さんだとか、療養介護に献身的に努めてくれていた息子のお嫁さんなど、特別に世話になった人にも遺産を確実に渡すことができるのです。相続は、ただ単に譲り渡す(受ける)、託すだけでなく、残された人たちへの思いやりのカタチとも言えるのではないでしょうか。相続させたい人がいるなら、作成しておきましょう。特に、子供のいない夫婦ならば、最終的には自分らの兄弟姉妹が遺産相続人として順位が上で、相続分も決められています。兄弟姉妹に渡すよりも、有意義に使ってもらいたい思いの人もいます。寄付する、寄贈することもできます。また、最近ではセカンドライフを桜花する人も多いようで、再婚というパターンでも作成しておいた方がいいでしょう。相続関係が複雑ならば、遺言による相続は法定相続より勝るのです。意外にこのことを知らない人は多いようで、法定による分割などが必ずしも相応しいとは言えない場合もあります。それぞれの家庭の事情、人間関係、それに応えるには専門家となる弁護士や司法書士、ほかに、終活アドバイザーやFP、税理士に相談してみましょう。必ずや力になってくれます。具体的な内容をしっかり決めた遺言書を作成することが必要だと判断してくれます。ちなみに、相続するにしても遺言は15才になれば誰もが遺言することができるようです。そして、その内容通りに実行されて初めて価値を持つのです。
Tagged on: , 近藤会計事務所