Room Collection

新宿周辺エリアで不動産を探すなら、部屋コレ 新宿店におまかせください!当社は「ペット可」や「新築」など、おすすめの賃貸物件毎に特集ページをご用意しております。皆様のニーズに合った物件をお探しください。

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不動産を借りたり購入しようとするとき、まずチェックするのは不動産広告かも知れません。今住んでいるところの近くで物件を探すなら周辺を歩いたりして実際に見ることもあるでしょうが、それ以外となるとかなりの量の物件から自分に合う物件を探さなくてはいけません。雑誌やネット、さらには不動産会社に行って相談をすれば多くの不動産情報を見せてもらったり提案を受けることができます。南向きが良くて日当たりのいいところがいい物件を探そうとすればその情報が入っている物件が検索されてくるでしょう。ただそれらの情報を信じて借りたり購入しても問題がないかです。不動産の広告や物件情報においては方角に関するものがあるかもしれません。東向きや南向きがいいとされ、窓が一方向にしかないことが多いマンションだと特にそれらの方角に向いている方が良いとされています。多くの人が利用したいと考えているので価格も高めになることもあるでしょう。ではすべての東向きや南向きの物件が良いかと言われると実際はそうではありません。特に都市部の物件でありがちなのが周辺物件との関係でしょう。地方だと該当物件の周りに高い建物がないケースがあり、方角の良さがそのまま日当たりの良さにつながったりします。でも都市部だと同じような高さの建物が近くにあることが多いです。東向きや南向きの物件を内見したところ、昼間なのに明るさが無く何となく日差しが入っているくらいの部屋があります。階数が下になると近くに高い建物の影によって日当たりが遮られ、一応日当たりがいい時間があるものの一日を通して明るくないケースがあります。隣の建物との距離が近いとさらに日当たりが遮られる可能性があり、必ずしも東向きなどがいいわけではありません。西向きや北向きは敬遠されることが多くて価格としては安めに設定されることがあります。北向きは一日を通して直接の日差しは入らないものの近くに建物が無いと意外に明るかったりします。方角情報だけでなく実際に目で見て物件をチェックした方が良いでしょう。
Tagged on: , Room Collection