窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

サイディングの塗替えについて、問題がない場合や注意事項、窯業系サイディング材塗装に関する知識をご案内。窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所なら無料で専門家にサイディング塗替えの相談ができます。

塗替えの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

サイディングの塗替えで注意しなければならないのは、サイディングの継ぎ目が劣化していることです。雨漏りの原因になるのでしっかりとした補修が必要になります。補修には2つのやり方がありまう。 打ち増しという方法は、既存のコーキングを撤去せずにその上から足して行う方法です。劣化が進んでいない場合はこの方法で補修します。あらかじめ形が決まっているものをシーリング材といいサイディングのシール目地部分にコーキングの付け足しを実施します、気密性や防水性を高めることができます。 打ち替えという方法は、劣化が激しい時に現在のコーキングをはがして新たなものにする工法です。外部塗装では、サイディングの目地部分を交換して新しいコーティングを施します。よく使われるのは、変性シリコンシーリングとポリウレタンシーリングです。シリコンかフッ素を使うかの違いです。目地部分や雨戸の枠には必ず使用します。 シーリング工事をした後に塗装をするのか、塗装をした後でシーリング工事をするのかは使用するコーティングの材料によって違ってきます。シール目地部分の劣化は、雨漏りなどにつながるので注意が必要です。
Tagged on: , 窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所