窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

サイディングの張替えが必要な場合や注意事項、窯業系サイディング材張替えに関する知識をご説明。窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所では窯業系サイディング材の専門家として、無料相談を承っています。

塗替えの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

サイディングの張替えでは、部位の確認を行う必要があります。外壁全面を張替えるのか、部分的に張替えるかの判断を行うためです。確認が必要な部位としては、外壁外側、バルコニー内側、風呂場のサッシ下、土台水切りの上、1階の下屋上の2階の窯業系サイディング材、切妻の軒の天井に接する部分などです。部分的な補修で住む場合は、無理に全面の補修をすることはありません。確認では基材だけでなく、下地や断熱材の状態も確認し、劣化した部分は取り替えてしまうのが住宅を長持ちさせる秘訣です。外壁の補修では、耐震性を高める補修をあわせて行うと経済的です。木造住宅の耐震性を高める方法に、外壁に構造用合板を打ち付けることがあります。その方法が取れるのは外壁のサイディングを取り替えるときに限られます。構造用合板を張るだけで、建物の耐震性は著しく高まります。サイディングの張替えは、建物の耐震性を高める絶好の機会と捉え、積極的な活用が望まれます。
Tagged on: , 窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所