mormor

東京でベビーシッターサービスを提供しているmormor モルモルのホームページです。気軽でシンプルなベビーシッターサービスが1時間1900円から。リフレッシュ利用も大歓迎、働くママの仕事と子育ての両立を応援しています。

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

保育のサービスという事でまず頭に浮かぶのは保育園ではないでしょうか。しかし保育園は東京に置いては需要が高く、入園自体も難しいですし、仕事をしていないと利用することができないというところが多いです。急にお母さんが病気になったから使いたい、用事があるから使いたい、というニーズには対応できないというのが現状です。そこで、ベビーシッターのサービスが役立ちます。 定期的に通うことになる保育園とは違い、ベビーシッターは一時的な利用ができるので必要な時だけ使うことができます。また、その場所に連れて行って保育してもらう形ではなく、おうちに来てもらって子供の面倒を見てもらえるという事で、わざわざ子供を連れだしていくのが大変という場合でも使いやすいものです。 子供との時間はもちろん大切ですが、場合によっては誰かに見てもらいたいときもあるものです。こうした急なニーズに備えて、ベビーシッターの利用も考えておきたいものです。
Tagged on: , mormor